肌は年齢によって老化する

お肌にはその人の年齢がよく出ていると思っています。

シミやシワが静かに降り積もって年齢を語ります。特にわかりやすいところは目の下で細かいシワが出ますし、クマも出て、これがナカナカ消えません。そんなこんなで年を取るに従って、このパーツについてのトラブルに悩む人は多くなっていきます。

そして肌のつややかさや張りが加齢によってなくなっていくと、これがもれなくシワとして表れてきます。ここでは顔だけを見てみますが、どこの部位にできたシワで悩む人が多いかというと眉間に走る縦線、目の周りの細かいシワや目尻にできる笑いジワ、それからほうれい線(医学用語では、鼻唇溝というそうです)、このあたりがメジャーです。シミのあるお肌って、なんとかしたいと思いますよね。毎日のスキンケアとして、プラセンタ美容液の力を借りています。洗顔後のきれいなお肌に丁寧になじませ、化粧水とか乳液などを使っています。

プラセンタ美容液にお世話になりはじめてからというもの、肌にぐっと透明感が出てきて、嫌なシミもおもったよりましになってきました。小麦色の肌なら、ゲンキで活発なイメージを相手に与えられるものですが、日焼けしたら、その後にシミができそうで不安という女性ならではの悩ましい一面があります。シミができるのが嫌なら、常日頃から気をつけて、お肌を焼かないようにするしかありません。

顔にシミが出来ないようにするコツは、日焼け止めを入念に塗ること、アト、自宅に着いたらローションなどで炎症を軽減させる事が重要です。誰でも歳はとりますが、肌年齢は努力次第で変えることができます。肌はただ年齢によって老化するのではないのです。紫外線が肌年齢を左右すると言っても過言ではないでしょう。原因(どうがんばってもわからないことも少なくありません)を徹底して排除するといいでしょう。

たとえばPA値の高い日焼け止めを利用したり、防止や日傘などで夏以外も紫外線対策をつづけることが必須です。そして日焼けしてしまったときは冷たいタオルなどで、ほてりや赤みがひくまで冷やしたアト、保湿機能のある化粧水やジェルなどでお手入れし、気になるシワ、しみを防ぐようにしましょう。結果的に肌の劣化スピードを遅くし、いきいきとした素肌でいられるようになります。

最近の話です。

肌のケアをしていた時にとあるインスピレーションを得ました。個人的には大発見だったのですが、それは肌の質が柔らかければしわはできにくくなるのかもしれない、ということなのです。ほうれい線(医学用語では、鼻唇溝というそうです)とか目尻の笑いじわなどがどうしようもないと思いつつ、悩みの種だったのですが、ちょっと前から炭酸パックを試していて、なぜかですが、肌の柔らかさを感じられるようになったあたりから以前とても気になっていたしわも、気にならな幾らいになっていました。何が原因(どうがんばってもわからないことも少なくありません)でこうなったのか、きちんと知っておきたいところですが、とにかく結果オーライというところでしょうか。一時は大ブームとなったガングロですが、今再びブームの予感です。数あるスタイルの一つとしてなじんできたのかもしれませんが、気になってしまうのはお肌のダメージ。つまり、シミのことになります。人それぞれですが、自分の中でのブームが終わってガングロから焼かない肌に戻ると、シミがガングロではなかった人よりも多く目たつみたいです。肌の保湿が十分できていれば、気になるシミなどの色素沈着は起こりにくいのです。

しっかり潤っているお肌は肌表面にしっかりと水分や油分を閉じ込めているので、整ったきめで肌が守られています。

保湿は肌のバリア機能を高めるため、紫外線による肌奥部のダメージもうけにくく、シミ予防の役割も果たしています。

お肌が乾燥しないよう、シミ予防のためにも、注意を払ってください。年々深まっていく、肌のしわが真剣に気になるようになりました。中でもつくづく困り果てているのが目尻にできてしまった、笑いじわなのです。そもそも目の周りは皮膚が薄く、元々しわはできやすい場所で、この部分のスキンケアにはずいぶん力を入れていますが、皮膚が薄いと、水分を留めておけなくて、乾燥しやすくなっています。そこで、念を入れてクリームを何度も塗ったりして、保湿にだけは手をかけるよういつも注意しています。実は、お肌の悩みとして多くの人が挙げるのがシミです。シミが出来てしまう主な原因(どうがんばってもわからないことも少なくありません)は、日焼け等の刺激により、お肌が赤みを帯び、それが変色して、色素沈着が起こってしまうからなのです。日焼けだけではなく、ひどいニキビによる炎症の跡も意外かもしれませんが、シミの原因(どうがんばってもわからないことも少なくありません)になるんです。日焼け止めだけでなく帽子や日傘などを利用して、しっかりUV対策をすることやシミを意識したスキンケアを行なうだけで、シミ対策につながります。アトは、食生活でシミ予防を意識することやサプリメントなどの力を借りてビタミンCを積極的に摂取することもシミ対策として効果的です。ビタミンCの美容効果を期待して、レモンを直接顔に貼り付け、パックとすることが一時期流行っていましたがこれはパックではないのです。

かえって逆効果なので、絶対禁物です。レモンオイルには光毒性があり、肌につけると、紫外線の刺激に敏感に反応する作用があるのです。シミに有効な作用をレモンから得たいと思うなら、毎日のご飯で、欠かさず食べるようにしてください。