白肌

いつまでも白肌を保つ

いつまでも白い肌をとまめにケアをしているのにいつの間にかシミはできてしまいます。ほとほと嫌になるシミの悩みを持ってらっしゃる方持たくさんいらっしゃると思います。そうなってしまったシミを目たたなくするにはビタミンCの摂取が効果絶大です。メラニン色素の抑制がビタミンCによってなされるのです。食事だけで必要なビタミンCを摂取するのはむつかしい方はビタミンCのサプリを飲むのも白い肌への近道かも知れません。美容のために禁煙したほうが良いと言われています。肌の健康を保つためには血管による代謝が不可欠ですが、タバコにふくまれる化学物質の影響で毛細血管が収縮する結果、表皮や真皮に必要な酸素・水分・栄養が届かず、老廃物が溜まります。

真っ先にダメージを受けるのは表皮です。肌の表層である表皮の機能が落ちると、もっと太い血管のある真皮の機能までが劣化します。その結果、肌の衰えが顕著になると、シワが隠しきれなくなってきます。ダイエットの反動などで喫煙が習慣化した人もいるようですが、「キレイ」のために喫煙は絶対に避けるべきでしょう。強い紫外線を浴び続けた夏が終わった頃、秋から冬にかけての時季と時節の変わり目には肌の乾燥には大変警戒しています。油断していると乾燥に弱い目の周りの薄い皮膚(年をとるにつれて、トラブルが起こることも多くなります。また、新陳代謝のスピードも低下してしまうものですよね)のあたりなど、細かいシワでいっぱいになり、乾燥が進んで赤みが出たりすることもありました。こういう時期ですから、大切な肌のためにスキンケアは相当念入りにすることにしていますが、化粧水や乳液での基本のケアと、近頃それに加えて美容オイルも以前から興味があったので使うことにしました。オイルも調べるとナカナカ奥が深くて、追及すると楽しそうですが少し前まではホホバオイル、今はココナッツオイルを使ってます。スキンケア中にふと鏡を見てちょっとしたことを考えつきました。肌が柔らかく、じゅうふん保湿が行き届いているとしわはできにくくなるのかも知れない、ということなのです。

目の周りの細かいしわだとか、年々濃くなっていく気がするほうれい線はなんとかならないものか、と思っていたのですがちょっと前から炭酸パックを試していて、肌の感じが柔らかくなってきた頃にはしわが薄くなってきたようで、気にならなくなってきました。

何が原因でこうなったのか、きちんと知っておきたいところですが、とにかく結果オーライというところでしょうか。

仕事と生活に精一杯のアラサーです。毎日クタクタになってそれでも仕事をしていますが、ある日、何と無く鏡を見て、さらにじっくり見て大変驚いてしまいました。目のくま、ホウレイ線!無理をして、溜めこまれた疲労をはっきり映っていました。

この時のことをきっかけとして、私は決心しました。どんなに遅くなって、疲れ切って家に帰ってももう二度と洗顔しないまま眠りこんだりしません。

ちゃんとケアをして、肌を守るためにできることをしよう、シワの予防に努め、保湿持ちゃんとしようと決めました。メイク落としや洗顔後の、そのたったの10秒間がスキンケアの大きなチャンスタイムだということを知っておきましょう。

お風呂やシャワーを使った後や洗顔フォームや洗顔石鹸などで、しっかりと洗顔をした後の肌は、なんでも吸い込む、乾聴きったスポンジのような状態になっています。短いけれど、大切なこの10秒間に何もしないでいるのはとても残念なことですし、大事な時間に何もしないでいることの積み重ねは、その分肌へのダメージだと考えてもいいくらいです。

顔を洗った後は、タオルでゴシゴシなんてことは止めておいて、さっと水気がとれたら、たっぷりと肌に化粧水を与えてあげると良いでしょう。ヨーグルトは栄養豊かで、乳酸菌やビタミンB、フルーツ酸などを特に多く含んでいます。

乳酸菌は腸内で有害な物質の発生を抑え、お肌の健康を保つはたらきがあります。ビタミンBはお肌が生まれ変わるのに必要なエネルギー代謝を高める役目を担っています。また、フルーツ酸は皮膚(年をとるにつれて、トラブルが起こることも多くなります。また、新陳代謝のスピードも低下してしまうものですよね)表面の角質層の結合を弱くし、角質層を薄くしていく大事な作用があります。こういう作用を活かすことでシミやくすみを改善し、美白する大きな効き目があるので、ヨーグルトはシミやくすみ減少に有効な食物です。

お肌が薄い人は、そうでない人とくらべてシワがたくさんできるそうです。もしかしたら自分がそうかも知れない、と心当たりのある場合は肌を見て、チェックしてみましょう。

そうして、身体のあちこちで肌に血管が透けて、青い筋が見えているようだと、だいぶ薄い方かも知れません。なぜ皮膚(年をとるにつれて、トラブルが起こることも多くなります。

また、新陳代謝のスピードも低下してしまうものですよね)が薄いことでシワができやすいという話になるのかというとその薄さで、物理的に水分を蓄えておけません。それで、肌の若々しいハリが消え、肌はしぼんでシワがよくわかるようになります。そして、年齢を重ねるに従って肌は薄くなるため、肌が薄いことが自覚できた人は、肌に対する日々のケアを欠かさないようにしてください。

他人から見ても、肌が衰えてくる年齢ってありませんか。美容室に勤務するお友達に言わせると「38歳がヤマ」なのだそうです。だいたいその年代というと、加齢によって疲労がその日のうちにとれず、持ち越すようになり、乾燥した部分にシワができたり、口元の法令線が目立ってくるからでしょう。それはもう明らかにアラサーとは違った感じで、立とえば若い頃なら肌が荒れても疲れていても後追いでスキンケアしたり、お風呂にゆったり入るなどの工夫でシャンとしたのですが、この年齢になるとナカナカ回復せず、肌から疲れが抜けなかっ立と感じる日も増えました。確実に肌年齢が進んでいるのを感じます。よく若い人にありがちですが、あまり自分の肌に頓着せず肌のケアもしないで、若いうちは何もしなくても大丈夫、なんて思ってはいませんか?でも、20代の肌だからと言って、シワができないなんてことはありません。シワが発生する、その主な原因は肌が受けてしまう、紫外線や乾燥などによる損傷なのですが、それに加えて、日々のダメージの蓄積が長く肌に影響するのです。という理由で、シワとは無縁の健康的な肌を保ち続けようとするなら、20代であっても、日々のスキンケアを行なうべきなのです。